Birthday旅行記♡瀬戸内ひろしま、宝しま⑤ 〜厳島神社〜

道の脇で寝そべっている神鹿さん達に挨拶をしながら、海岸沿いを歩いて行くと、目前に鳥居が見えて来ました⛩️🌊

 

あれが、憧れの厳島神社。

 

宮島の厳島神社と言えば・・・・・・

海に浮かぶパワースポットとして、その名を知らない人はいない、と言えるくらい有名ですが

 

やっとこのターンが回ってきたんだよッ!!!😭💓😭

 

わたしもずーっとずーっと行きたくて、ここへ来る順番が巡ってくるのを心待ちにしておりました

 

行きたいな〜と思うところはたくさんあるけれど、自分の好きなように行ける訳じゃない。

 

ダンジョンを攻略する順番は決められている・・・・・・

タイミングや条件、アイテムが揃っていなければ、そこでのワークや役割を果たすことが出来ないからね☝💡

 

 

厳島神社

f:id:m-himemiko-rainbowmaterial9999:20210609173127j:image

厳島神社とは・・・?

国宝・世界遺産 嚴島神社 【公式サイト】

 

御祭神

市杵島姫命

田心姫命

湍津姫命

 

御由緒

当社の御祭神は、天照大御神と素盞鳴尊が高天原で剣玉の御誓をされた時に御出現になった神々で、御皇室の安泰や国家鎮護、また海上の守護神として古くから崇信を受けられた。

宮島に御鎮座地を探されるにあたり、この島を治める佐伯鞍職に神勅が下った。鞍職は大神様が高天原から連れてきた神鴉の先導のもと、御祭神と共に島の浦々を巡り、海水の差し引きする現在地を選んで御社殿を建てたのは、推古天皇御即位の年(593年)であると伝えられる。

その後安芸守となった平清盛が当社を篤く崇敬し、仁安3年(1168年)に寝殿造の様式を取り入れた御社殿に修造した。

清盛の官位が上がるにつれ平家一門のみならず、承安4年(1174年)に、後白河法皇の御幸、治承4年(1180)3月と9月に高倉上皇の御幸があるなど、多くの皇族・貴族が参詣され、都の文化がもたらされた。

当社に対する崇敬は、平家から源氏の世になっても変わることなく、又時代が移り室町時代の足利尊氏や義満、戦国時代の大内家、毛利家などからも崇拝された。

松島・天橋立と並び日本三景「安芸の宮島」として知られ、平成8年(1996年)にはユネスコの世界文化遺産に登録され現在にいたる。

 

 

廻廊

f:id:m-himemiko-rainbowmaterial9999:20210609173251j:image

まずは入口で拝観料300円をおさめて、美しき朱色の廻廊へーー。

 

ゴトゴトゴト・・・・・・足音がよく響きます

一歩一歩、踏みしめるように、そして嬉しい気持ちを噛み締めるように。

参拝順路に沿って歩いていきます

 


f:id:m-himemiko-rainbowmaterial9999:20210610122933j:image

厳島神社の景色は時間によって、満潮干潮によって大きく変わります

満潮時には海に浮かぶ幻想的な姿を見ることができ、干潮時には海の中に沈んでいる部分を見られたり、大鳥居まで歩いていくこともできます

 

わたしはこの日、タイミングよくどちらも見ることが出来ましたが(弥山から降りて来たら干潮だった)

やはり初めての宮島となると、満潮時に見る厳島神社、海の上を歩いているような感覚になれる廻廊は、必見&体験すべきだと思います‼️😉

 

嚴島神社の廻廊は、高潮対策のため隙間の空いた構造と成っていて、ヒールが挟まることがあるそうなので足元には気をつけてね👠

 

 

神紋

f:id:m-himemiko-rainbowmaterial9999:20210609173711j:image

嚴島神社の神紋は三つ盛り二重亀甲に剣花菱と呼ばれています

 

神紋の由来はいくつか説があるようで、御床神社に鎮座する岩盤から名付けられたという説や、祭神の宗像三女神から名付けられたという説があります

 

 

拝殿

f:id:m-himemiko-rainbowmaterial9999:20210609173722j:image

厳島神社は、日本三大弁財天の一つでもあります

竹生島、江ノ島、宮島・・・・・・

これで三大弁財天はコンプリートしました🙌🏻💕😊


f:id:m-himemiko-rainbowmaterial9999:20210610123013j:image

こちらの拝殿の奥、中の方に入って参拝することも出来ます

境外摂末社には、大元神社、長浜神社、荒胡子神社など、たくさんの社があります

 

同じく三女神が祀られている、福岡県の宗像大社にもいずれ参りたいですねー。

 

 

大鳥居

f:id:m-himemiko-rainbowmaterial9999:20210609173537j:image

ここへ来て、参道を歩いていた時に初めて知った事実ーー。

そこにあるはずの物が異様な姿をしていたので、現実を受け入れるのにちょっと時間がかかりました・・・😇

 

だって、大鳥居があんな姿なんだもの。笑

平舞台から、灯篭の向こうに見えるはずでした

ただいま改修工事中です🚧⚠

 

宮島のシンボルでもある大鳥居⛩️✨

高さ16m、棟の長さ24m。

海に浮かぶ朱色の美しい大鳥居が見られると思いきや・・・⁉️

あれではその原型すらよくわかりません🤣🤣🤣

 

1875年の建立から140年以上が経過し、損傷や老朽化が進んでいるため、令和元年6月17日から大規模な保存修理工事が行われています

終了時期は未定で、2〜3年はかかる見込みだそうです😅💦

 

でもこんな機会は滅多にないわけで、考え方によってはとても貴重なものが見られたと、前向きに捉えることも出来る。笑

 

ここへ「また来い」ということ。

その時にはきっと工事は終わってるでしょう‼️✨😃

 

 

御朱印帳と御朱印

f:id:m-himemiko-rainbowmaterial9999:20210609173329j:image
f:id:m-himemiko-rainbowmaterial9999:20210609173352j:image

御朱印帳と御朱印を拝受しました💮

お誕生日の日付が入った御朱印はやっぱり特別!☺️✨

 

こちらの桜の限定デザインは、女性に大人気らしいです🌸可愛いもん❤️❤️

御朱印を書きながら、「やっぱり女性はピンクが好きなんですね」と神職さんがお話してくださいました。笑

 

この御朱印帳を使えるのはまだまだ先だけどね〜

 

 

まとめ

一つ、また夢が叶いました😊❤️

 

宮島を歩いていると、とある日に見た夢を思い出しました


f:id:m-himemiko-rainbowmaterial9999:20210610124254j:image

この夢の中で見た景色が、どことなく宮島に似ていたからだ

夢の中では、もっともっとキラキラと光に溢れた場所だったけど🐲✨🌌

 

そのように、昔は人の出入りが固く禁じられていた場所でも、今では観光地として解放されていることがあります

 

藤の花言葉は『歓迎』『恋に酔う』など

魔除けや霊性を高めるといった力があるとされています

藤の花と言えば・・・春日大社、藤原の一族。

あら、鹿つながりだわ🦌笑

 

そして、神尾家は宮島の神主家とも関わりがある・・・という情報を見つけました

原爆が落とされた時に本家は滅亡した、とも書かれていました。

 

本当かどうか定かではないけど、関わりがあるのならば知りたい

でも情報を探してもネットでは見つからず、それ以上はわかりませんでした🤔🌀

 

しかし『神尾』という名前から、他にも繋がりが見えてきたので、紐解いていけば色々なことがわかるかもしれません🧐✨

 

➡️